他者への想像力ある社会に 性差別への疑問、絵で表現

 大城舞未加さんの作品「失う決断」
 大城舞未加さんの作品「失う決断」
愛知県出身の大城舞未加さん(24)は、社会にある性差別への疑問を絵や文章で表現する。「(制作することで)他者への想像力がある社会につなげていきたい」と願い、就職を控えた2月、名古屋市で個展を開いた。 ダイヤの指輪を持つ手に差し出された別の手.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録