「2倍」固定化、縮小限界 地方の民意反映に懸念も/1票の格差訴訟最高裁判決

 衆院「10増10減」対象の15都県
 衆院「10増10減」対象の15都県
最大格差2・08倍だった2021年衆院選の「1票の格差」訴訟は25日、最高裁の合憲判断で決着した。判決は新制度の枠組みに沿う選挙が続く限り、判断が揺るがない可能性を示唆。最大で2倍程度の格差が固定化する見通しとなり、縮小は限界に近い。都市部.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録