時評(1月20日)

東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の控訴審判決で、東京高裁が全員を無罪とした。 一審に続く無罪判決で、甚大な被害を出した原発事故でも経営トップの刑事責任の立証には、高い壁があることをあらためて.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録