Free寒さに耐え、草食む 東通村尻屋の「寒立馬」

雪をかきわけ草を食む寒立馬=16日午前9時半ごろ、東通村
雪をかきわけ草を食む寒立馬=16日午前9時半ごろ、東通村

東通村尻屋の放牧地で今、寒立馬(かんだちめ)が風雪に耐えながら、草を食(は)む姿を見ることができる。

 東通村役場によると、寒立馬は昨年12月下旬ごろ、越冬のために尻屋埼灯台のある牧草地から、少し離れた「アタカ」と呼ばれる放牧地へ移った。

 先週は暖かい日もあった青森県内だが、16日は気圧の谷や寒気の影響で、この時期らしい寒さに。寒立馬は雪化粧した大地から草を掘り起こして口に運び、わずかに差し込んだ太陽の光に当たって寒さをしのいでいた。

 今冬は子馬2頭を含む11頭の馬が3月下旬までこの地で過ごし、春の訪れを待つ。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録