デジタルアート普及加速 複製許さぬ新技術で変革

 アンディ・ウォーホルの作品(右)と並んで展示されたNFTアート「クリプトパンクス」の作品=2022年12月、米南部フロリダ州マイアミの美術館(共同)
 アンディ・ウォーホルの作品(右)と並んで展示されたNFTアート「クリプトパンクス」の作品=2022年12月、米南部フロリダ州マイアミの美術館(共同)
美術業界でデジタルアートの普及が加速している。複製や改ざんを不可能にする「非代替性トークン(NFT)」という技術を利用して、一般の美術品のように「鑑定書付きの本物」として扱えるようになったことで取引が拡大。1点数十億円で売買されたり、美術館.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録