南部町で日本文化堪能、交流深める フィリピンの高校生19人

青森県立名久井農業高の生徒から教わりながら和太鼓をたたく訪問団のメンバー
青森県立名久井農業高の生徒から教わりながら和太鼓をたたく訪問団のメンバー
フィリピンの高校生19人が参加する訪問団が13~15日の日程で南部町を訪れている。外務省の国際交流事業「対日理解推進交流プログラム」の一環で、参加者は地元高校生との交流や座禅などを体験。町民の温かな人柄や豊かな自然に触れながら、日本文化への.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録