時評(1月1日)

新しい年を迎え、新型コロナウイルスとの闘いは4年目に突入した。北奥羽地方では感染対策を講じながら経済を回す「ウィズコロナ」の時代が到来しつつあるが、今度は円安による物価高騰が地域経済を直撃している。一進一退の攻防が続くが粘り強く前進したい。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録