【全国高校バスケ】相手の変化でシナリオ乱れ/男子の光星

【男子2回戦・八学光星―阪南大高(大阪)】第4クオーター、八学光星は川村優生(右)がシュートを決め、62―73とする=東京都大田区総合体育館
【男子2回戦・八学光星―阪南大高(大阪)】第4クオーター、八学光星は川村優生(右)がシュートを決め、62―73とする=東京都大田区総合体育館
八学光星が終盤に踏ん張りきれず、“全国2勝目”を逃した。第3クオーター(Q)終了時に5点をリードしていたが、最後の10分間で15点差とされた。古澤然主将は「何かが悪くなったわけではなかった。相手ガードのスピード、技術が自分たちの守備を上回っ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録