【全国高校バスケ】初白星へ、執念の第4Q/男子の光星

【男子1回戦・桐光学園(神奈川)―八学光星】八学光星は試合終了と同時に雪田海児(奥)が勝ち越しのシュートを決めて68―66とする=東京体育館
【男子1回戦・桐光学園(神奈川)―八学光星】八学光星は試合終了と同時に雪田海児(奥)が勝ち越しのシュートを決めて68―66とする=東京体育館
試合終了を告げるブザー音と同時に2年生・雪田海児の放ったジャンプシュートが、しっかりリングをとらえた。その瞬間、八学光星にとって悲願の「全国大会1勝」が決まった。選手、ベンチメンバーは抱き合い、笑顔、泣き顔で喜びを分かち合った。 中盤までは.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録