【青森県高校IH】工大一、シンプルプレー意識

工大一は尻上がりに調子を上げて最後は4点差勝ち。ゲームキャプテンを務めた千葉俊介は4得点を奪った第3ピリオドについて、「無理にパスをつなごうとせず、シンプルなプレーを意識した。積極的な攻撃ができた」とうなずいた。 もっとも、中盤までは八戸工.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録