「シリア内戦忘れないで」 移住先も戦禍、故郷案ずる

 取材後、撮影に応じる(左から)モハマド・ザイディエさん、ムニール・ダブラさん、トゥルキ・ジャバラさん、ユセフ・アシュラムさん=10月、キーウ(共同)
 取材後、撮影に応じる(左から)モハマド・ザイディエさん、ムニール・ダブラさん、トゥルキ・ジャバラさん、ユセフ・アシュラムさん=10月、キーウ(共同)
ロシアの侵攻が続くウクライナには、旧ソ連時代の結び付きを背景に中東シリアからの移住者も暮らす。シリア内戦は11年以上続くが和平は遠く、国際社会の関心はウクライナ危機に集中。移住先も戦禍に見舞われたシリア出身者は、故郷の状況が世界から「忘れら.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録