円安変調、3週で14円上昇 米利上げ鈍化の思惑背景

 円安変調の背景
 円安変調の背景
年初から続いた急激な円安ドル高に変調が見え始めた。15日のニューヨーク外国為替市場では一時1ドル=137円67銭まで円高が進み、この3週間余りで円相場は14円以上上昇した。背景にあるのは、円安の要因となってきた米国の利上げが今後ペースダウン.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録