1票格差是正へ抜本議論を 大島氏「衆参在り方含め」

大島理森前衆院議長は16日、東京都内で講演し、衆参両院の「1票の格差」是正に向け、国会の在り方を含め抜本的に議論すべきだとの認識を示した。「人口が都市に集中する中、衆参両院は在り方も含め、1票の格差の問題に対処すべきだ。どっしり構えた議論を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録