消費減速、物価高色濃く 頼みの輸出にブレーキも/GDP

 日本経済の課題
 日本経済の課題
7~9月期の実質国内総生産(GDP)は過半を占める個人消費が前期比0・3%増と減速し、物価高の影響が色濃く出た。デジタル化や脱炭素による企業の設備投資意欲や、インバウンド(訪日客)復活への期待が根強い一方で、高インフレを受けた欧米の金融引き.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録