Free段差で車の減速促す スムーズ横断歩道、田子小隣接の町道に設置

田子町立田子小に隣接する町道に新設されたスムーズ横断歩道。高さ10センチの段差で通行車両に減速を促す=11日、同町
田子町立田子小に隣接する町道に新設されたスムーズ横断歩道。高さ10センチの段差で通行車両に減速を促す=11日、同町

田子町立田子小に隣接する町道に、青森県内初となる「スムーズ横断歩道」が完成した。高さ10センチの段差があり、車の減速を促す横断歩道。周辺で車の最高速度を終日時速30キロに制限している町は、規制と物理デバイスを組み合わせ、交通事故の防止を図る。

 スムーズ横断歩道が設けられたのは、同小と町立学校給食センターを隔てる町道上。通学路として児童らの往来も多いが、これまで横断歩道などはなかった。設置は国の施策「ゾーン30プラス」の一環。町はこれまで、導入に向けた準備を進めていた。

 11日は現地で同小2年生を対象とした交通安全指導があり、三戸警察署員が児童に渡り方などを教えた。

 山本晴美町長は「取り組みを町民に周知し、必要に応じて物理デバイスの増設を検討したい」と述べた。

お気に入り登録