火星探査「傘」で軟着陸へ 空気抵抗で減速、米実験

 傘の形に展開し、地表に向かう減速装置のイメージ。中心部に探査機を搭載する(NASA提供・共同)
 傘の形に展開し、地表に向かう減速装置のイメージ。中心部に探査機を搭載する(NASA提供・共同)
【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は10日、将来の有人火星探査で重い機材を安全に表面に降ろすための減速装置の実験を行った。巨大な傘の形をしており、今回は宇宙から地球の大気圏に突入、耐熱性能などを確認した。 米西部から打ち上げられたロ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録