時評(11月6日)

厳しい経営が続く青森県の第三セクター「むつ湾フェリー」の脇野沢(むつ市)―蟹田(外ケ浜町)航路について、出資者の県と関係13市町村が存続の必要性で一致。老朽化した船舶の、代船建造費の負担割合などに関して協議を本格化させる。 近年は利用客減少.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録