【とちぎ国体】足首ひねり失速、入賞届かず/成年男子3000m障害の神(青森南高出)

【陸上成年男子3000メートル障害決勝】9分6秒55で9位だったの神直之(ゼッケン(2)、青森)=宇都宮市カンセキスタジアムとちぎ
【陸上成年男子3000メートル障害決勝】9分6秒55で9位だったの神直之(ゼッケン(2)、青森)=宇都宮市カンセキスタジアムとちぎ
陸上の成年男子3000メートル障害では、同種目で日本選手権5度の出場を誇る神直之(北星病院)が入賞に一歩届かず9位。1000メートル地点で足首をひねって失速したのが響いた。意地でゴールにはたどりついたが「がたがたと崩れてしまった。中盤以降は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録