【秋季高校野球青森】「小さいミス命取り」教訓胸に/青森商

青森商は最大5点のリードを守り切れず、34年ぶりの東北大会の切符を逃した。攻撃では六回1死三塁で、リードの大きかった三走が三本間で挟殺され、好機を逃した。守備では七回に内野ゴロの後逸で同点とされたのが響いた。木村心主将は「私立高校との戦いで.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録