200年分、多様な祭礼史料 剣吉諏訪神社文書、南部町有形文化財に

行列帳の記述について解説する工藤竹久さん(左)
行列帳の記述について解説する工藤竹久さん(左)
南部町は20日、剣吉諏訪神社で見つかった古文書群「剣吉諏訪神社文書」を町有形文化財(歴史資料)に指定した。江戸時代の1789年(寛政元年)から1985年までの同神社例大祭での神社行列や祭礼の運営に関する539点。町文化財審議委員会は約200.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録