村上55号に「鳥肌立った」 バット職人が喜び語る

 ヤクルト・村上のバットを手に取るミズノテクニクスの職人名和民夫さん=岐阜県養老町
 ヤクルト・村上のバットを手に取るミズノテクニクスの職人名和民夫さん=岐阜県養老町
ヤクルトの村上のバットを手がけるミズノテクニクスの職人、名和民夫(なわたみお)さんが共同通信の取材に応じ、1964年の王(巨人)に並ぶ日本選手最多の55号本塁打を放った村上の快挙に「知った時は鳥肌が立った。野球界全体にとっても明るいニュース.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録