金融中心のサービス立国に/エリザベス女王在位期間の英経済

 英国の経済成長率とインフレ率の推移
 英国の経済成長率とインフレ率の推移
8日死去したエリザベス女王の在位期間に英国経済は大きく変貌した。第2次大戦後の景気低迷や植民地の独立などで国力が衰退。構造改革を迫られ、金融を中心としたサービス立国として立ち直った。一方で、物価高や債務膨張などの危機は、即位した1952年か.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録