大打撃、揺らぐ札幌招致 五輪汚職事件で悲観論も

 会合を終え、取材に応じるJOCの山下泰裕会長(左)と札幌市の秋元克広市長=8日午前、札幌市
 会合を終え、取材に応じるJOCの山下泰裕会長(左)と札幌市の秋元克広市長=8日午前、札幌市
札幌市が目指す2030年冬季五輪招致が、東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件の大打撃を受け、揺らいでいる。年内に事実上、開催都市が決定する見通しで、招致活動がヤマ場のタイミングに五輪のイメージが失墜。開催が有力視されていた状況から一転、悲.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録