勝敗分けた、わずかな差 日本、王者と激闘も散る/バレー男子世界選手権

 フランス戦でスパイクを放つ石川=リュブリャナ(共同)
 フランス戦でスパイクを放つ石川=リュブリャナ(共同)
全5セットで、総得点差は5点。1度はマッチポイントも握った。東京五輪、今年のネーションズリーグを制した“世界最強”のフランス相手に、日本は激闘を演じた。勝敗を分けたのは、わずかな差。石川は「チャンスを切り開いて、最後につかみとる力があるよう.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録