8月サンマ、2番目の低さ 約420トン、遠い漁場要因

漁業情報サービスセンター(東京)は6日、8月のサンマの水揚げ量が速報値で過去2番目に低い約420トンだったと明らかにした。担当者は「漁場が遠く漁の効率が悪いのが要因。高い海水温で群れがまとまっておらず、しばらく厳しい漁が続くだろう」との見方.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録