独、脱原発完了先延ばし 来年4月まで稼働可能に/ロシア産ガス供給不安定

 ドイツのネッカーウェストハイム原発=6月(AP=共同)
 ドイツのネッカーウェストハイム原発=6月(AP=共同)
【ベルリン共同】ドイツのハーベック経済・気候保護相は5日、2022年末に予定していた原発の全面稼働停止を23年4月中旬へ延期する方針を発表した。稼働している原発3基を22年末までに停止予定だったが、うち2基は23年4月中旬まで稼働可能な状態.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録