円形土坑15基、土器片出土 中居遺跡の発掘調査公開/八戸・是川縄文館

中居遺跡の調査を行う職員ら
中居遺跡の調査を行う職員ら
八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館(工藤朗館長)は8月29日、是川石器時代遺跡を構成する中居遺跡の発掘調査現場を報道陣に公開した。円形の土坑15基や土器片が見つかったという。同遺跡は是川縄文人の暮らしの在り方を再現する「縄文の里整備事業」に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録