汚職事件、協賛集めに逆風 五輪のイメージ向上効果減

 JOCのマーケティング制度
 JOCのマーケティング制度
昨年の東京五輪・パラリンピックを終え、日本オリンピック委員会(JOC)の新たなスポンサー集めが逆風にさらされている。贈収賄の疑いで大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)らが逮捕された汚職事件は、協賛社の選定が一つの焦点。五輪やスポーツ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録