シリア人道危機に懸念 欧米・中東諸国が共同声明

【ワシントン共同】シリア内戦を巡って欧米や中東諸国などが8月30、31日にジュネーブで特使級の会合を開き、人道危機が続く現状に「深い懸念」を表明する共同声明を出した。国際社会に向けて人道支援継続の必要性を改めて訴えた。米国務省が31日発表し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録