【インターハイ】相手高得点「プレッシャー感じた」/アーチェリー三農・恵拓

6年ぶりの決勝トーナメントに臨んだアーチェリー男子団体の三農・恵拓は、出場3人がそれぞれの射型を維持できず、1回戦で関西の強豪・近大付(大阪)に完敗。上原子大楽は「隣から相手選手の高得点が聞こえてきて、プレッシャーを感じてしまった」と悔やん.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録