【インターハイ】好機生かせず1点止まり/ソフトボール女子の柴田

8強入りを懸けて3回戦に臨んだソフトボール女子の柴田は、春の選抜大会準Vの強豪・山梨学院を相手に健闘及ばず惜敗。七回に二塁打を放った2年の鈴木美羽(市川中出)は「好機を生かせなかった。せめてあと1、2点は取りたかった」と肩を落とした。 先発.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録