出産前から継続サポート コロナ禍、うつリスク増/重要性増す産後ケア

 赤ちゃん連れの母親と話をする棒田明子さん(右)=7月、横浜市神奈川区
 赤ちゃん連れの母親と話をする棒田明子さん(右)=7月、横浜市神奈川区
女性は妊娠、出産に伴い、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で心身の不調に陥りやすい。新型コロナウイルス禍でうつ症状の危険性が高まったという研究結果もあり、政府は2024年度末までに「産後ケア」の全国展開を目指す。出産前から妊婦や夫と「顔の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録