低所得者の生活不安配慮 中小企業、負担増に悲鳴/最低賃金、過去最大増

 最低賃金を巡る労使、政府の立場
 最低賃金を巡る労使、政府の立場
2022年度の最低賃金(最賃)協議は、引き上げ幅が過去最大の31円で決着した。増加率は3・3%となった。円安などで急速に物価高が進む中で、低所得者層の生活不安を和らげる狙いがある。物価高に伴う原材料費のコスト負担に加え、人件費増がのしかかる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録