「手緩めず金融緩和を継続」 日銀・雨宮副総裁、岩手で懇談

日銀の雨宮正佳副総裁は28日、今後の金融政策について「手を緩めることなく、金融緩和を継続する必要がある」との認識を明らかにした。超低金利環境を維持して企業の投資や家計の消費を後押しし、賃上げが実現しやすい経済環境を整える必要があると強調した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録