弘大とRABが「いのちを守る連携協定」締結

協定を結んだ福田眞作学長(左)と山本恒太社長=27日、青森市
協定を結んだ福田眞作学長(左)と山本恒太社長=27日、青森市
弘前大と青森放送は27日、短命県返上や県民の健康寿命延伸を目指し、「いのちを守る連携協定」を締結した。 協定は弘前大などが開発した健診と結果判定、啓発を即日で行う「QOL健診」を、同社がニュースやキャンペーンで県民に広める事業が軸。このほか.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録