政府、治療体制整備急ぐ 拡大リスク低いと専門家/サル痘国内初確認

 サル痘に対する主な国内対策
 サル痘に対する主な国内対策
サル痘の感染者が日本国内で初確認された。欧米のみならず韓国や台湾など既にアジア各国でも確認されており、水際対策を緩和した日本への流入は時間の問題とみられていた。専門家は新型コロナウイルスのように爆発的に広がるリスクは低いものの体制整備が重要.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録