【ヴァンラーレ―鹿児島】痛恨の4連敗 攻撃面で迫力欠く

点差以上に厳しい敗戦だ。八戸は後半戦の幕開けとなる大事な一戦で、シュート数が相手の半分以下の4と攻撃面に迫力を欠き、痛恨の4連敗。就任後、1勝5敗と振るわない結果が続く志垣良監督は「ゴールに向かう姿勢や質の部分(の改善)をやっていくしかない.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録