時評(7月24日)

北奥羽地方の地域おこし協力隊員が地域産業の活性化や伝統・文化の継承、住民との交流や情報発信など多様な活動を展開している。個人の人脈や才能などを生かし、まちをテーマに曲を作ったり、地域の交流を広げたりする取り組みも目を引く。 協力隊は都市から.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録