【連載・コロナ感染急拡大、専門家は】㊦ 流行収束、変異株の種類が鍵

本村和嗣・大阪健康安全基盤研究所公衆衛生部長
本村和嗣・大阪健康安全基盤研究所公衆衛生部長
―新型コロナウイルスの流行は2年半以上にわたって波が続いている。流行「第7波」は出口につながりそうか。 「現状では分からない。判断する上で注目しているのは次の波だ。次の『第8波』の訪れが冬以降になり、昨年までよりも遅くなるかが重要。間隔が空.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録