「厄介者」のウニをブランド化 人気店巻き込み好循環/福岡

 餌にタケノコを与えたウニを手にする、九州大の栗田喜久准教授=6月、福岡県福津市
 餌にタケノコを与えたウニを手にする、九州大の栗田喜久准教授=6月、福岡県福津市
福岡県宗像市が、ウニの陸上養殖を研究する九州大とタッグを組み、ブランド化を目指す取り組みが始まった。人気食材のイメージが強いが、一部は食用に向かず海を荒らす「厄介者」として近年問題化しており、宗像市も例外ではない。人気うどんチェーンも巻き込.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録