G20、食料危機へ対処必要 議長総括発表、不一致も

【ジャカルタ共同】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の議長国を務めたインドネシアは17日までに総括文書を発表した。参加者はロシアのウクライナ侵攻で深刻化している食料危機に対処する必要性を指摘した。ただ、世界経済の鈍化要因などを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録