【参院選】投票率52・05% 過去4番目の低さ

 投票率の推移(総務省発表)
 投票率の推移(総務省発表)
総務省は11日午前、第26回参院選の投票率が選挙区で52・05%、比例代表で52・04%だったと発表した。選挙区は過去2番目に低かった前回2019年参院選の48・80%を3・25ポイント上回った。2回連続の50%割れは回避したものの、4番目.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録