高レベル廃液建屋で冷却機能一時喪失

日本原燃は3日、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の高レベル廃液ガラス固化建屋で、2日午後3時31分から約8時間にわたり、廃液の供給液槽の安全冷却機能が一時喪失していたと発表した。  原燃によると、2系列ある安全冷却水設備のうち、運転中の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録