【プロ野球】広島・マクブルーム鬱憤晴らす 4番が連敗3で止める

 5回広島2死三塁、マクブルームが左中間に2ランを放つ=マツダ
 5回広島2死三塁、マクブルームが左中間に2ランを放つ=マツダ
鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように打ちまくった。広島は4番マクブルームが先制打に2ラン。追加点の足場を築く二塁打もあり、3安打3打点の力強い活躍でチームの連敗を3で止め「初回にいい先制点が取れた。全員の勝ちだ」と意気盛んに言った。 全敗した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録