成長止まり、品質低下も 高温障害に農家ため息

 水がまかれる枝豆の畑=30日、埼玉県上尾市(ナガホリ提供)
 水がまかれる枝豆の畑=30日、埼玉県上尾市(ナガホリ提供)
全国的に早い梅雨明けと6月としては異例の猛暑が、農作物の生育に悪影響を及ぼし始めていている。農家ができる対策は限られ、状況が変わらないままなら、夏野菜などの品質の低下や価格上昇につながることも懸念される。 「この時期に、真夏のような高温障害.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録