猛暑の中、雪氷に園児驚く 金沢で「氷室開き」

 「氷室開き」で切り出された雪氷に触れる子どもたち=30日午前、金沢市
 「氷室開き」で切り出された雪氷に触れる子どもたち=30日午前、金沢市
江戸時代、加賀藩が冬に降った雪を「氷室」と呼ばれる小屋に貯蔵し、夏に江戸の将軍家に献上していた習わしに由来する「氷室開き」が30日、猛暑の続く金沢市の湯涌温泉で行われ、並べられた雪氷に触った地元の園児らは「冷たすぎる」「ひんやりしている」と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録