不漁直撃、4期連続の赤字/八戸魚市場決算

八戸魚市場(川村嘉朗社長)は29日、八戸市内で開いた株主総会で、2022年3月期決算を承認した。売上高は前期比22%減の5億3506万円。純損失は1億6678万円で4期連続の赤字となった。主力のイカやサバを中心に極端な不漁に見舞われたことが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録