アジアゾウの赤ちゃん誕生/東山動植物園

 名古屋市の東山動植物園で生まれたアジアゾウの赤ちゃん(中央)。右は母親の「アヌラ」、左は「さくら」=26日(同園提供)
 名古屋市の東山動植物園で生まれたアジアゾウの赤ちゃん(中央)。右は母親の「アヌラ」、左は「さくら」=26日(同園提供)
東山動植物園(名古屋市千種区)は26日、飼育しているアジアゾウが同日未明、赤ちゃんを出産したと発表した。同園でのアジアゾウの出産は2例目で、国内では15例目という。今後、赤ちゃんの名前を公募する方針。  母親は20歳のアヌラ、父親は18歳の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録