水の影響?メカニズム不明 群発地震、長期化へ/石川県・能登半島

 能登半島の震源を巡る仮説
 能登半島の震源を巡る仮説
数年前から群発地震が続く石川県・能登半島で19日に最大震度6弱、20日には同5強の地震が相次いだ。最大の謎は群発地震が起きている理由。プレート境界や活断層のずれといった、メカニズムを明確に説明できないのだ。地下深くにある水の影響を指摘する仮.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録