Free朝のニュースダイジェスト(6月22日)

【ムラサキイカに名称変更】
 近年不漁が続くスルメイカに代わって存在感が増しているアカイカ。加工品の原料や近年では生食としても注目されているが、国内では他種もアカイカの名称で出回っているのが現状だ。こうした事情を踏まえ、全国いか釣り漁業協会は、流通上の呼称を「ムラサキイカ」に変更する。

 【参院選きょう公示】
 第26回参院選は22日、公示される。青森選挙区(改選数1)では、立憲民主党現職の田名部匡代氏(52)=社民党推薦=、自民党新人で青森県議の齊藤直飛人氏(46)=公明党推薦=、NHK党新人で家電販売業の佐々木晃氏(50)、政治団体「参政党」新人で不動産会社社長の中条栄太郎氏(53)が立候補を予定。

 【ウクライナの兄弟、入学から2週間】
 ロシアの侵攻を受けるウクライナから洋野町に避難している、ウエノ・セミョン君(7)とウエノ・マクシム君(7)の双子の兄弟が、町立大野小に入学して2週間。文化の違いなどに戸惑いながらも少しずつ集団生活になじみ、遊びや授業を通して同級生らと心を通わせている。

 【青森で222人の感染確認】
 青森県は21日、県内で222人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。三戸地方、上十三管内の保育施設で計2件クラスター(感染者集団)が発生。

 【県観光国際交流機構発足へ】
 青森県観光連盟は21日、青森市で総会を開き、県国際交流協会との合併を承認した。交流協会を観光連盟に吸収する形で、10月1日に新組織を発足。名称は「県観光国際交流機構」に改める。

お気に入り登録